うさぎのうち

学んだこと、妄想、何でも綴ります

フレンチオニオンスープ

こう寒いと汁物が欲しくなる。

おいしいものは食べたいけれど料理はしたくない。外食したいにも氷点下の気温の中、外へ出向きたいとも思わずやむを得ず台所に立つ。如何にして少ない材料で手間をかけず作るか。そうだ、フレンチオニオンスープ。過去何度か作ったことはあるものの、どのレシピもぱっとしなかった記憶がある。久々のチャレンジ。

材料は玉ねぎ、白ワイン、以上。今日は玉ねぎを大3個半使用。厚手の鍋にオリーブオイル、バター、スライスした玉ねぎを入れ、蓋を閉めて弱めの中火で25分間蒸す。時折混ぜれば焦げる心配なし。白ワインとローリエを入れ、分量が半分になるまで蓋を閉めずに強めの中火で10分煮る。水で溶いたビーフブイヨンを入れ、蓋を閉めずに弱火でさらに45分煮る。この間家中においしい匂いが立ち込め、何事かと家人が集まってくる。最後に塩コショウで調味。

出来上がったスープにとろーりチーズをのせ、スライスして軽くトーストしたサワーブレッドとともに賞味。うーむ、美味。一気に2度は体温が上昇する。今回のレシピは過去一番シンプル、かつ最上級の出来栄え。パネラブレッドにも勝てる。

よくテレビでシェフが30分以上もの間玉ねぎを炒め続ける光景を目にするけれど、私には無理。蓋ポン、蒸す、煮る、以上。これでいいのだ。